集客効果を得られるウェブサイト

読みやすい文字を意識する

見やすいサイトにすることを意識してください。
そのためには、文字をあまり羅列させないことがポイントです。
文字が多いと読みにくくなり、どこの何の商品があるのかわかりません。
さらに見やすくするために、余白を多めに確保してください。
文章の行間を広くしたり、長文の場合は段落を分けたりして書くのがおすすめです。
最近はパソコンではなく、スマートフォンで商品を検索して購入する人が増えています。
そこで、スマートフォンでも綺麗に見えるサイトを作りましょう。

サイトを開いて、最初に見える画面に最もおすすめしたい情報を記載してください。
すると何となくサイトを見ていた人も、説明を見るとその商品が欲しくなるかもしれません。
お得なセール情報や新商品の情報、テレビや雑誌などのメディアで紹介された商品などをアピールしましょう。
意外と忘れやすいことですが、購入ボタンをわかりやすく設置することも重要です。
せっかく欲しい商品があっても、購入ボタンがどこにあるのかわからないと、買うことを諦めてしまう人が多いので注意してください。

商品の写真をサイトに掲載することで、具体的にイメージが伝わります。
衣料品だったら、着用している姿を写真に撮りましょう。
また写真は、全て同じ背景のもとで撮影してください。
それぞれの商品で背景の色が異なっていたり、光の量がバラバラでは統一感がなくなったりします。
すると見栄えが悪くなるので、写真は全て統一させましょう。

注意するポイントとは

たくさん伝えたいことがあっても、文字を羅列しすぎないでください。 文字が多すぎると見にくくなるので、サイトを活用してもらえなくなってしまいます。 あまり文字を書かなくても良いように、商品のカテゴリーを作ったり、文章の行間を広くしたりするのが良い方法です。

最初に掲載する情報とは

お客さんが最初に目にする場所には、お得な情報をたくさん記載してください。 すると買う気がなかった人も、説明を読んで商品に興味を持ち、買ってくれる可能性があります。 購入ボタンをわかりやすくして、注文確定までスムーズに進めるよう工夫することも大事です。

商品の写真を用意しよう

文字だけでどのような商品なのか説明するのは難しいので、写真を用意して、目で見てすぐに特徴がわかるように工夫してください。 見やすい写真を用意することはもちろんですし、統一感を持たせることがポイントです。 そこで、全ての写真の背景や光の量を同じにしましょう。

トップへもどる